トップページ > 血液サラサラすっぽん効果

血液サラサラすっぽん効果

健康食品として広く認知されている「すっぽん」。そこに含まれる豊富な栄養の中には、リノール酸という血液をさらさらにする働きをもった成分があります。

 

ではこのリノール酸とは、一体どのようにして、さらさらな血液を作ってくれるのでしょうか。

 

『必須脂肪酸』リノール酸の働き

 

すっぽんに含まれているリノール酸は、「必須脂肪酸」といわれる成分の一つです。聞きなれない言い方では「n-6系不飽和脂肪酸」とも呼ばれ、身近な所では、サフラワー油やひまわり油、綿実油、大豆油、コーン油などに含まれています。

 

このリノール酸の優れている所は、血液の中にあるコレステロールを低下させる事にあります。そうすることで、生活習慣病の一つでもある動脈硬化の予防に繋がって行くのです。

 

リノール酸があれば血液に余分な老廃物がたまらなくなり、血液の循環がスムーズになって行きます。そのため、さらさらの血液になることが期待できるのです。

 

しかしいくら健康に良いからと言って、過ぎたるは及ばざるが如し。リノール酸を摂りすぎると、悪玉コレステロールだけでなく善玉コレステロールまで減少させてしまいます。そうなってしまえば、逆に健康を害してしまうのです。

 

リノール酸とは、自分に合った量を上手に摂ってこそ、最も効果を発揮できると言えるでしょう。

 

DHAとEPAで効果倍増

 

リノール酸と同じように、必須脂肪酸の仲間であるDHAやEPAという成分があります。これは青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸として知られています。

 

このDHAとEPAはすっぽんにも含まれているので、すっぽんからはリノール酸との相乗効果が期待できます。

 

必須脂肪酸の成分には血液をさらさらにする作用がありますが、その中でも特にEPAには悪玉コレステロールを減少させる力があるといわれています。

 

もしもリノール酸を摂りすぎて善玉コレステロールが減ってしまったとしても、悪玉コレステロールの減る量のほうが多ければ、体のバランスをとる事ができます。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールは、バランスを維持することが大切です。そのため、摂取量を調節して適量にコントロールできるすっぽんのサプリメントを利用する事が、効率よくリノール酸とDHAとEPAを取り入れる最短の近道になるでしょう。

 

おすすめサイト