トップページ > すっぽんの味とは

すっぽんの味とは

一般的に、高級食材として知られるすっぽんは、当然の事誰もが日常的に食べられるものではありません。一生に一度でも食べられたらいいほうで、もしかすればそれすらかなわない人も、大勢います。

 

しかし憧れる人が多いのも事実。すっぽんが一体どんな味をしているのか、気になって仕方のない人も少なくないでしょう。

 

すっぽんの味は鶏肉味

 

高級料亭などで、すっぽん料理をコースでいただく。ともなれば、その生き血をお酒で割ったものを食前酒に出されたり、お刺身が出たり鍋料理が出たりと、すっぽん一つで様々な調理法で味わうことでしょう。

 

生き血、などと言うと何だか血の味がしそうですが、そのままではなくお酒やジュースで割って飲むことが多く、初めて飲む人でも飲みやすいといわれています。

 

すっぽんの中でも、最も美味しい部位であると称する人が多いのが、首にあるエンペラという部分です。エンペラはゼラチン質なのですが、そこには深い旨味があり、なんともいえない美味なのです。

 

そこに身の部分は少なく、骨に少量付いているだけ、という感じですが、噛んだ時の食感が鶏肉に似ていて、そこにゼラチン質がまとわりついてくるのがたまらない。そういわれます。

 

ですがすっぽんは非常にだしがよく出る食材なので、身を食べて美味しいというよりは、もしかするとそのだしを楽しむ料理といってもよいのかもしれません。

 

いくらすっぽんが美味しくても

 

一度でも食べる事ができたなら、たちまちその虜になってしまう人が多い。そんなすっぽんですが、そのグロテスクな見た目のせいで食べるのをためらってしまう人もいます。

 

食べれば美味しいのに、その姿には足踏みしてしまう、といったところでしょうか。すっぽんはだしがおいしいため、すっぽんだしのスープだけが市販されていることもあります。しかし、それもまたすっぽん料理を食べに行くのと同様、それなりに高価です。

 

最近になって多くの人が注目し始めたのは、すっぽんの味というよりはむしろ、その栄養価の高さにあるようです。

 

そういった意味でなら、すっぽんの見た目を気にする事なく栄養価をそのまま吸収できる、すっぽんサプリメントを利用するのが便利でしょう。