トップページ > すっぽんが骨を強くする

すっぽんが骨を強くする

人の体は骨で支えており、その骨はカルシウムを中心に作られています。人体にあるカルシウムの内、99%が骨や歯にあることがわかっており、カルシウムは骨や歯の新陳代謝を助けています。

 

よくカルシウムが足りなくなると骨粗しょう症が懸念されるのですが、カルシウムが不足した骨はスカスカになってしまい、骨折しやすくなるため、放っておくと転んだだけでも骨折したりと危険なのです。

 

カルシウムで骨を守る

 

骨の中にカルシウムやミネラルがどれくらいあるのかを調べて骨の強度をあらわしたのものが、骨密度と呼ばれるものです。

 

骨密度とは骨の密度の事で、どれくらい骨が頑丈かを示しています。そのため、骨密度の低い骨は骨折をしやすいと言えるでしょう。

 

骨密度が低いと、本来健康で頑丈な骨であるのに、ただ転んだだけでヒビが入ったり、折れたりするようになるのです。

 

年齢を重ねていくと骨はもろくなっていきますが、よくお年寄りが骨折しやすくなったりするのは、このように骨密度が低くなっているからです。

 

骨密度を維持するためにカルシウムやミネラルは常に必要で、きちんと欠かさないようにする事が健康のためには必要なのです。

 

すっぽんは、カルシウムが豊富に含まれているだけではなく、骨に必要なミネラル類も幅広く含まれています。カルシウムとミネラルで骨や歯の骨密度を保っておけば、転倒による骨折など気にせず、元気に活動できますし、歯が丈夫であれば、いつまでも好きな物を食べることができます。

 

多種多様な骨の働き

 

骨は体を支えるのに必要なものですが、それだけではありません。実は内臓を守ってくれてもいるのです。加えて、骨の中に骨髄と呼ばれるものがあり、骨髄は血液そのものを作り出しています。

 

骨は新陳代謝が激しいという事も特徴で、およそ10年ごとに新しくなっていきます。細胞の働きによって骨が溶かされ、また新しく骨が作られる。その繰り返しで、全ての骨が入れ替わるのに10年かかると言われているのです。

 

この働きの中で、もしも骨の溶ける量が多くなって、新しい骨を作るのが遅くなると、骨密度は低くなります。

 

骨密度は老化と共に減少しますが、男性よりも女性のほうがその減少する年齢が早く、特に閉経を迎える頃には、その著しいものになります。

 

すっぽんを食べる事は、骨に必要なカルシウムやミネラルを補う事に繋がります。すっぽんは、骨密度を高めるのに有効な食べ物なのです。